給湯器やガス給湯器のリンナイ製品・ノーリツ製品。エスケージー株式会社に届いたお客様の声。


取り扱い商品_エコジョーズ_リンナイ


  1. トップページ
  2. コラム
  3. ガス給湯器で重要な働きを担う構造と部品について

ガス給湯器で重要な働きを担う構造と部品について



ガス給湯器の仕組み

ガス給湯器の仕組み
蛇口を捻ると当たり前のように出てくるお湯ですが、このお湯を沸かしてくれているのが給湯器です。
給湯器には、お湯を加熱する仕組みの違いで、いくつかの種類があります。
ガスを燃焼させることによって水に熱を加え、お湯にするという機能を備えているのがガス給湯器です。
ガス給湯器は大きく分けて貯湯式と瞬間式の二つに区分され、それぞれに特徴があります。
貯湯式は、100~300リットルほどの大きなタンクに水を溜め、火力でゆっくりと加熱します。
鍋に水を張って火にかけ、加熱するのと同じ方法です。
現在採用されているのは、多くの場合瞬間式で、これはタンクに貯めた水ではなく、パイプを流れる水にガスの炎をあてて、瞬間的に加熱します。
ガスの量を増減し、火力を調整することによってお湯の温度をコントロールしています。

ガス給湯器に使われる重要な部品

設置写真の撮り方

給湯器には、さまざまな部品が使用されています。
まず重要なのが水量センサーで、これは蛇口を捻ることによって水が給湯器の中に流れ込んだときの水量を読み取り、お湯を沸かす準備をする役割があります。
ファンモーターは、ガスを燃焼させるために必要な空気をバーナーに送り込む部品で、イグナイターは点火に使用する部品です。
電磁弁は通路の開閉を行うための弁で、水量サーボは入水温と設定湯温に対し出湯量をコントロールする部品です。
ほかにも、給湯器にはバイパスサーボや温度ヒューズ、給湯熱交換機といったさまざまな部品が使われており、それらが協同して働くことによって給湯器は本来の力を発揮しています。
お湯を沸かし、供給するはたらきを持つものだけでなく、安全に使用するための機能を持つ部品も重要です。
たとえば、過熱防止装置は缶体の周囲に設置され、異常な加熱を察知すると給湯器の動作を自動的に停止させます。
また、漏電に備えて、微弱な電流を検知して電源を落とす機能を持つ漏電安全装置もあります。
ガス給湯器選びの際は、これらの部品の重要な役割を理解し、性能をチェックしてみるとよいでしょう。




▲このページの最初に戻る

TEL 048-420-2619
見積もり出張サービスは無料です



給湯器・ガス給湯器・エコジョーズのエスケージー Copyright (c) 2014 SKG Corporation All rights reserved.

お問合せはこちら